航空レーザー計測が航空測量と違う点

航空レーザー計測は、飛行機にレーザースキャナーを搭載して上空から高精度に広範囲なエリアにレーザー光線を照射することによって3次元化する技術です。

農業用地・森林・都市・工業地帯・送電線や鉄道ルートを対象にした測量などに利用されています。レーザー光線は、樹木などの葉っぱや枝などを透過して地上に到達して跳ね返ってきます。このことより正確な地表までの高度などを精度を高めて測量することができます。したがって照射した場所及び周辺の標高を正確に計測できます。したがって地形図を3次元で捉えて作成することが出来るのです。

地形の起伏をとらえることが出来るので、従来平面でしかとらえられなかった地表面を高さを加えて立体的に表現することが出来るようになりました。この技術が開発されることによって、防災などに利用することができます。豪雨や台風などの被災地で、雨や氾濫した河川などの状況を把握して3Dデータと照合することでより正確な復旧工事を実施することが可能になります。

また、3D計測の技術が進化することで各種調査に用いることもできます。古墳の状況を確認したり建物の竣工写真を保存しておくこともできるのです。幅広い応用に利用できることが期待されています。航空レーザー計測は、従来の航空測量が取得する3次元データが、建物や樹木を含んだ数値表層モデルであり航空レーザー計測のような3D形式のものではなかったところに問題がありました。地表に直接レーザー光線を照射することでより精度を高めたデータの取得が可能になったのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *