航空レーザー計測の航空機の位置情報

航空機からレーザーを照射し、地表で反射して戻る時間を計測し、高さを調べることができるのが航空レーザー計測です。

高さを調べる時に利用するのはレーザー測距装置で、レーザー光の発射した時間と戻って来た時の時刻を記録し、その差を計算することで距離を割り出すことができます。ちなみに、航空レーザー計測で利用するレーザー測距装置の能力は、高度2、000mでスキャン角度が左右合計20度の時には地上での測量幅は約700mになります。

一度に広範囲の測量ができるのも航空レーザー計測のメリットになりますが、レーザー測距装置はあくまでも距離を計測するための装置であり、これ以外にも航空機の位置を把握するための機材や航空機の姿勢や加速度などを計測するための機材も必要です。航空機の位置は高速度で飛行するセスナ機などの場合、時間と共に変化してしまうので、正確な距離を計測することができません。

そこで、正確な位置を割り出すために利用するのがGNSS受信機と呼ぶもので、この装置は航空機の位置をXYZ3方向で把握ができるようになります。XYZのXは幅、Yは奥行き、そしてZは高さをそれぞれ示すもので、3次元データを確保することができるようになります。地上には電子基準点と呼ぶGPS位置基準地点が設けてあり、電子基準点を利用すると連続キネマティックス測量が可能になり、地上で行われているレーザー計測同党の位置測定が可能になるなど、航空レーザー計測は3つの技術を使う計測手法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *