正確に測れる航空レーザー計測

航空レーザー計測はその装置で行います。

照射したレーザー光の地表からの反射時間を調べて距離を測ります。横にスキャンさせて調べるゆえレーザスキャナとも呼ばれることも多いです。正確に測れるところが航空レーザー計測のメリットです。河川などでも波があれば計測可能ですし、木が密集している所なども測ることができます。木において初めに反射する光はファーストパルス、地表面において最後に反射する光はラストパルス、間で反射する光はアザーパルス、それぞれの高さを検出することができます。

ただし、照葉樹ではレーザ光が届かないかもしれません。一般地図のように地表の高さを示したい時は建物の高さを取り除きます。この作業をフィルタリングと言います。航空レーザー計測のデータは防災、砂防、道路などで活用されていますし、都市計画、農業、林業で利用することもできるでしょう。企業、自治体からそのデータが欲しいと要望があります。

段彩図という地形の標高データによる標高値を連続的に色分けてして表現する手法、陰影図という地形の標高データに対して、光源である太陽の位置の高度や方向を設定して、地形の起伏を把握する手法などがありますし、それを組み合わせることも可能です。正確に地形や都市の形状を把握する必要がある、その変動をモニタリングしなければいけない、あるいは河川の形状を把握したい、道路の計測を行いたいという場合、航空レーザー計測をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *