航空レーザー計測によって地形データを作成

地理データは、道路を作ったり、商用のマップサービスを開発したりするのによく使われています。

近年では、より効率的にこのようなデータを収集する事で、データを広範的に活用する事が出来ます。航空レーザー計測もその一つであり、上空から地形データを正確に収集出来るのが大きな特長となっています。航空レーザー計測で収集したデータは画像として出力をする事ができ、その出力例としては、段彩図や陰影図、陰影段彩図や鳥瞰図といった物があります。地形がどのようになっているのかを調べるのに定番となっている出力であり、幅広い分野で活用する事が出来るでしょう。

航空レーザー計測は、いくつかのアプローチが用意されており、広域面積の測定をしたいのであれば、固定翼によるレーザー計測が適切であり、小さい面積の計測をしたいのであれば、回転翼によるレーザー計測が適切でしょう。陸上部の測定はこれらの方法で行えますが、レーザーを使った計測においては、水底の地形を詳細に調べたい時にも役立ってくれます。

水底の地形データを収集するメリットは、測量船が進入出来ないエリア、つまり、浅瀬や岩礁があるエリアの水中での地理データを収集するのに役立つ事です。陸上部分の地理データを測定する近赤外レーザーと水中部分を測定する緑色レーザーを同時に照射する事で、それぞれの反射したパルスの往復時間の差で水深を算出する事ができ、陸上部分と水中部分を三次元計測出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *