地形を正確に計測する航空レーザー計測

航空レーザー計測とはレーザー光を地表に発射して反射して戻ってくる時間差を調べて距離を測るレーザー測量技術と、レーザー光の発射された方向を正しく補正する慣性計測装置、航空機の位置を測るGNSS受信機の三つの技術で測る測量方法です。

水中や地下は計測できませんが、森林でも高精度で詳細な地形データが得られることから、地上の標高や地形の形状を調べるために利用されています。水底部の測量や計測する場合には、航空レーザ測深機で岩礁やリーフに音響測深機を打って距離を測る方法がとられ、仕組みは潜水艦のソナーとほぼ同じです。

航空機を必要とするため従来は航空測量を行う専門会社が行っていましたが、近年は小型の無人航空機の発達などにより手軽に航空レーザー計測ができるようになりました。小型無人航空機での航空レーザー計測は、航空機では近づけなかった谷間や、災害現場などでも低速度と低空飛行で計測できるため、地震が起こった時に地形の変化を計測するのに役立っています。

レーザー光で計測する航空レーザー計測は計測対象に傷を付けないため、遺跡や遺構、高層の社寺仏閣の屋根、大型の仏像などの文化財調査にも利用可能です。毎日形を変えていく土木工事現場の経過記録や、農業では作物の成長過程を調べることにも使え、地形データを計測する以外にも様々な場面で使われています。小型無人航空機を使用した航空レーザー計測は、今後ますます需要の伸びるビジネスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *