航空レーザー計測と3次元モデリングについて

航空レーザー計測は航空機を使った測量技術で、レーザースキャナなどと呼ばれている機材を使い測量を行うのが特徴です。

航空レーザー計測で得ることができた情報は正確なものであるのか、疑問に感じる人も多いかと思われますが、これは正確とも不正確とも言い難いものです。その理由は航空機から発射されたレーザー光は地表面で反射する性質があるわけですが、地表面には都心部であれば高層ビルなどがあり、こうした建造物の屋上部分で反射してしまいます。森林地帯では木などに反射をしてしまうため、正確な高さを割り出すことができません。

これを補正することが航空レーザー計測の課題でもあり、フィルタリングと呼ぶ作業を行うことで課題をクリアーすることができます。そのため、フィルタリングにより正確な地形図ができるようになるわけです。航空レーザー計測で得たデータはレーザ計測点であり、いわゆる点の情報に過ぎません。この情報を基にフィルタリングおよび3次元データへの加工を行い、地形図や地図を製作することができるようになります。

3次元データはXYZの3方向の距離を持つもので、簡単に言うと立体的表現データと言えるものです。一般的な地図は2次元データに過ぎませんが、これに高さを加えたものが3次元データで、航空機から照射されたレーザー光で得た高さ情報が3次元データに活用されているのです。ちなみに、レーザー光は水面で反射してしまうので海底の情報を取得することが苦手ですが、最近の技術は水面を通過して海底で反射させる技術もあると言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *