航空レーザー計測ビジネスはオフィスで3次元データに

オフィスの中でのビジネスにはパソコンが必須の時代、大半のオフィスがパソコンを使って仕事をしていると言っても過言ではありません。

ビジネスの中にはパートナーがいて、一つの仕事を完成させるためにいくつかの企業が協力し合うケースも少なくありません。例えば、森林を守るために様々なビジネスが存在しているわけですが、森林を守るためには何をすれば良いのか分からない人も多いことでしょう。最初に行うべきことは現在の森林の状況を把握することです。森林の状況がどのようになっているのかを把握できれば、現代は様々な方法を考え出す力を持つため、必要に応じた対策を行うこともできるようになります。

現況を把握する時に便利な方法が航空レーザー計測です。空の上から森林目掛けてレーザー光線を発射し、地上で反射して戻る時間を計測して高さの情報を取得します。森林の場合は、密度に応じて高さが変わるので、高低差が少ない場所は森林が密集している、逆に高低差がある場所は木々が少ないなどが分かるわけです。

航空レーザー計測も、いくつかのパートナー企業で賄われるケースがあり、航空機を貸し出す会社、セスナ機やヘリコプターなどに機材を積み込み、測量を行う会社、そして地形図を創り出すために3次元データを製作する会社など、複数の企業がそれぞれの得意とする領域内で航空レーザー計測の技術を発揮しているケースも多いのです。その中でも、3次元データを製作する会社はオフィス内に専用ツールが用意してあり、画期的な地形図の制作を手掛けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *