オフィスビジネスにも役立つ存在の航空レーザー計測

航空レーザー計測とは何かご存知でしょうか。

これは航空機を使って地形図を製作するための技術の総称で、従来では地形図を製作するためには地上で計測を行わなければなりませんでした。場所によっては人が立ち入ることができない危険な区域もあり、こうしたエリアの地形図は原則作ることができませんでした。航空レーザー計測により地形図を作ることができるようになると、これをビジネスとして行う企業も増えており、地形図ビジネスとして利用ができるなどからもオフィスでこうした話題を耳にするケースも多くなっているのではないでしょうか。

オフィス内での業務はあくまでも収集した情報を基にして地形図を製作することになります。3次元データを航空レーザー計測で得たものをオフィスに持ち帰ってモデリングと呼ぶ技術を使い、情報を加工するのが特徴です。レーザーを照射すると、地上で跳ね返り、航空機に戻る原理を利用しているため、情報はあくまでも点の集まりであり、そのままでは利用することができません。

ビジネスとしての価値を持つようになった理由の中には、点の情報を集めて1つのオブジェクトにする、そのオブジェクトが完成すると地形を表現することができる地形図が作り出されるわけです。尚、航空レーザー計測は様々な分野で活用が行われている技術です。中にはビジネスとしてではなく人命に関わる分野で活用が行われるケースも多くあり、危険地帯などの情報をまとめる時にも便利な手法になっているのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *