空撮は自由に楽しめる!

空撮は現在、ドローンという無人航空機を使うことが多いです。

ドローンを使用する場合は、国土交通省へ申請を行う必要があります。申請が必要となるのは、バッテリーを含めた機体重量が200グラムを超えるドローンです。これらは空撮を行う前にまずはオンラインなどによる、ドローンの申請が必要となります。オンラインでの申請は無料ですので、大変便利なサービスです。登録中にわからないことがある場合には、国土交通省の「無人航空機ヘルプデスク」にまで電話で相談することが可能です。

どうしてもドローンの申請が出来ない、難しいという場合は、申請を代行するサービスを利用するのも良いでしょう。以前であれば空撮は、ヘリコプターやセスナ機からカメラマンが撮影するという方法が主流でした。ですがドローンの登場によって、空撮は主にドローンの仕事となりつつあります。自由に操作することが出来る上、さまざまな角度やアングルから被写体に接近することが出来るので、従来では表現できなかったダイナミックな映像を撮影することが可能です。

加えて、機材の重量も通常のカメラより軽量であり、セットアップにも時間がかからないという点が魅力です。いろいろな場所に移動して、自由に撮影を楽しむことが出来るドローンは、カメラマンだけではなく一般人にも人気があります。現在ではドローンを楽しむ社会人サークルなども発足し、撮影だけではなく操作やドローン競争を楽しむこともあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *