空撮について知っておきたいこと

空撮とは、空中から撮影することです。

以前はヘリや飛行機などから撮影することが多かったのですが、現在は無人航空機と呼ばれるドローンが空撮の主流となりつつあります。ドローンでの撮影には従来の撮影方法と比べると、さまざまなメリットが存在します。小回りが利くので、自由に撮影することが出来ますしよりダイナミックな角度で被写体に迫ることが出来るのです。しかもヘリコプターやセスナ機などをチャーターするより、圧倒的に費用が少なくすみますから非常に経済的であることもメリットと言えるでしょう。

持ち運びが軽量で、なおかつ簡単であることやセットするのが楽という点も魅力です。ドローンを使用するためには免許が必要なのでは、と思われがちですが実際は必要ありません。ドローンでの空撮を行う際には、国土交通省への申請が必要となる場合があるだけです。それもバッテリーやカメラを含めて本体が200グラム以上のもの、と定義があります。

全てのドローンに適用されるのではありません。万が一、申請が必要となるドローンを購入した場合でも現在ではオンラインでの申請が可能となっています。オンラインによる申請は無料で行うことが出来るので大変便利です。不明なことがある場合には、国土交通省の「無人航空機ヘルプデスク」にまで電話で問い合わせをすることが出来ます。どうしても自分で手続きすることが出来ないという場合は、ドローン申請を代行してくれるサービスがありますので、そちらを利用することも出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *