航空レーザー計測を依頼する時のポイントとは?

レーザー光線を利用する計測方法は航空機を使う航空レーザー計測、地上で計測を行う方法などがあります。

地上で行われているレーザー計測は、主に狭い範囲の測量に効果を発揮するなどの特徴があるようですが、航空レーザー計測は一度に広範囲のデータ収集ができるメリットがあります。他にも、人が入ることができない場所の測量や入ることができても計測する場所まで数時間歩かなければならない場所の測量など、航空レーザー計測を使えば飛行許可を得ることができる場所であれば、どこでもデータを集めることができるメリットもあるわけです。

最近では、様々な分野で測量データの利用が行われているなどからも、需要が高くなっています。需要が増えると業者の数も多くなる傾向を持つわけですが、航空レーザー計測には航空機を使うことや測量の技術が必要ですし、収集したデータはそのままでは活用ができないので、データ加工の技術などが必須です。

航空機がない場合にはレンタルを利用することになりますが、パイロットを確保すると人件費が掛かる、航空機を所有すれば固定資産税を始め、様々な維持費が必要になるなどからも、計測で利用する航空機はレンタルを利用したり、レーザを使ってデータだけを収集し、データ加工については別の専門会社に依頼するケースも少なくありません。そのため、見積もりを依頼する時には一貫して行う会社、得意分野を専門に手掛けている会社を選び、費用面での比較も大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *