航空レーザー計測で得た情報とデーター加工について

航空レーザー計測は、文字通り航空機を使って計測する技術の総称です。

航空機搭載型レーザースキャナと呼ぶ装置を使い、3次元の測量を行うのが航空レーザー計測の特徴です。レーザースキャンは航空機から地上に発射する光線を、放射状に照射するのが特徴で、放射状に放ちますので、広範囲の計測ができること、飛行距離が長くなればなるほどに多くの情報収集が短時間でできるなどのメリットを持つ技術です。航空機から発射されたレーザー光線は地上で反射して、戻るのが特徴、レーザーの時間差を利用して地形を計測するのが航空レーザー計測です。

航空機にはレーザースキャナ以外にも、位置情報を得るためのGPSやIMUなどの装置を搭載しており、航空機が現在どのような位置にあるのかを常に把握できるようにしています。GPSやIMUなどの装置は、航空機の位置情報を常に把握すると同時に、距離データと解析することで、1パルス毎の地表のX・Y・Z軸の直接的な計測を可能にします。

尚、航空機で得ることができたデータには地表面と上空との間にある樹木や建築物などの障害物データも含まれます。これは、レーザー光線は必ずしも地表面で反射するだけでなく、地表と上空との間にある建築物や樹木の上で反射する可能性があるためです。航空レーザー計測で取得したデータを選別および抽出技術でフィルタリングを行い、目的に合う最終的なデータに加工することも、航空レーザー計測技術の一つになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *