航空レーザー計測なら曇りの日でも計測が可能

航空レーザー計測は、セスナ機やヘリコプターなどの航空機を使うため、計測時には位置が常に変化します。

これは位置情報を捉えることができるGPSシステムなどを用いて、現在位置情報を取得しながらレーザー光線が戻る時間の補正に役立てられています。そのため、セスナ機のように高速で飛行を続けている場合でも、正確な情報収集が可能になるわけです。航空レーザー計測の技術は年々進化し続けていると言われていますが、空撮では難しいとされる曇りの日でも計測ができるのもメリットの一つではないでしょうか。

空撮の場合は、空の上から写真を撮影することになるため、厚い雲に覆われているような時には撮影ができません。これに対して航空レーザー計測の技術はレーザー光線を使うなどからも、光線は厚い雲の中を通り過ぎて地上に到達、反射時間を計算して地上までの高さを捉えることができます。また、レーザー計測は夜間の計測も可能で、時間的な制約がないのもメリットの一つではないでしょうか。

但し、航空機は許可がなければ飛行することができないこと、飛行が許されている場所の中で飛ぶ必要があること、さらに高度なども制限が設けられているため、いつでもどこでも計測ができるわけではありません。航空レーザー計測は飛行機を飛ばす企業、計測を行う企業、収集したデータを解析したり加工する企業など、いくつかの会社で1つの業務を遂行するケースもあると言われており、それぞれが専門分野に特化しているなどの特徴があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *