空港での航空機のカメラ撮影の楽しみ方

最近ではスマートフォンに当たり前のようにカメラがついており、誰もが身近に写真を楽しめるようになりました。

いつの間にかカメラの楽しさに魅了され、趣味となっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、航空機を被写体として楽しむ人たちについてまとめました。近年、鉄道ファンが話題となることも多いですが、航空ファンと呼ばれる人たちも存在します。国際空港での勤務経験がある筆者も、展望デッキから多くの人がカメラを片手に航空機の撮影を楽しんでいる姿を見かけたことがあります。これらの趣味を持つ人は俗に「スポッター」と呼ばれています。

その楽しみ方は人それぞれです。一番メジャーな楽しみ方は、主要都市にある国際空港で、外国から飛んでくる外資系航空会社の航空機を撮影するというものです。空港へ行くと、珍しいラッピングの機体を見られることもあります。また、特定の機種や、飛行機の登録番号を撮影する人もいます。展望デッキや広場など、搭乗せずとも間近で飛行機を見ることのできるスポッター向けの場所を提供している空港も多く、展望デッキとは別に空港管理会社や自治体がスポッター向けの場所を提供していることもあります。飛行機写真というものは、なかなか思うようにはいかないものです。天候、空の抜け方、雲の形、そして肝心の飛行機が飛んでくるタイミング、自身の思う最高のシチュエーションに出くわすのは難しい…だからこそ、撮れた時の感動は格別なのでしょう。最後に、どんな趣味においても、マナーとモラルは大切です。他の利用者に迷惑をかけない、空港の保安上立ち入りが禁止されている場所には立ち入らない、ゴミは持ち帰るなど、ルールを守って航空機撮影を楽しみましょう。最近ではスマートフォンに当たり前のようにカメラがついており、誰もが身近に写真を楽しめるようになりました。いつの間にかカメラの楽しさに魅了され、趣味となっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、航空機を被写体として楽しむ人たちについてまとめました。近年、鉄道ファンが話題となることも多いですが、航空ファンと呼ばれる人たちも存在します。国際空港での勤務経験がある筆者も、展望デッキから多くの人がカメラを片手に航空機の撮影を楽しんでいる姿を見かけたことがあります。これらの趣味を持つ人は俗に「スポッター」と呼ばれています。その楽しみ方は人それぞれです。一番メジャーな楽しみ方は、主要都市にある国際空港で、外国から飛んでくる外資系航空会社の航空機を撮影するというものです。空港へ行くと、珍しいラッピングの機体を見られることもあります。また、特定の機種や、飛行機の登録番号を撮影する人もいます。展望デッキや広場など、搭乗せずとも間近で飛行機を見ることのできるスポッター向けの場所を提供している空港も多く、展望デッキとは別に空港管理会社や自治体がスポッター向けの場所を提供していることもあります。飛行機写真というものは、なかなか思うようにはいかないものです。

天候、空の抜け方、雲の形、そして肝心の飛行機が飛んでくるタイミング、自身の思う最高のシチュエーションに出くわすのは難しい…だからこそ、撮れた時の感動は格別なのでしょう。最後に、どんな趣味においても、マナーとモラルは大切です。他の利用者に迷惑をかけない、空港の保安上立ち入りが禁止されている場所には立ち入らない、ゴミは持ち帰るなど、ルールを守って航空機撮影を楽しみましょう。
航空機のカメラ撮影のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *