航空機を撮影するカメラ機材について

飛行場に出掛けた時に、大きな飛行機を見るとワクワクする人、そして飛行機の離発着を見ていると飽きないと言う人は多いのではないでしょうか。

飛行機を見ているだけではなく、航空機撮影をしたい人も多く、本格的なカメラを使って写真を撮る人も少なくありません。航空機撮影は、高速移動する物体を撮影する事になるのでシャッター速度や露出などを考えなければなりません。

カメラのファインダーを覗いている時、被写体がファインダーの中に収まった瞬間シャッターを押すのが航空機を捉えるポイントになります。しかし、近くでの撮影を行う事は難しい、ある程度距離があるなどからも、一般的なカメラではなく、一眼レフタイプがお勧めです。

一眼レフはレンズの交換が出来るもので、被写体に合わせて広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズなどを交換して写真を撮る事が出来ます。飛行場などで旅客機を撮影したい、航空ショーなどで航空機の写真を撮りたい時、一眼レフを三脚に固定、カメラには300ミリの焦点距離を持つレンズを装着すると良いでしょう。三脚を利用する理由は、300ミリの望遠レンズによる手ぶれを防止するためです。尚、現在はデジタル方式が主流になっているので、オートモードで写真を撮れば航空機をきれいに収める事も出来ます。従来のアナログ式カメラの場合でも、シャッター速度や露出を考える、そして高感度のフィルムを使う事でシャッター速度を優先にして写真を撮る事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *