現実世界をデジタル化するモービルマッピングシステム

モービルマッピングシステムとは、車に搭載することで走行しながら道路周辺の建物やガードレール、道路形状などを計測するシステムのことです。

メーカーによっては形状に差があるものの、複数台のカメラ、レーザースキャン、GPS、オドメトリ(タイヤの回転から移動距離を測る機器)などの多彩な機器を用いて、正確な計測結果を得ることができます。

モービルマッピングシステムが多くの機器を必要とする理由としては、各測定機器の弱点を補うことでより人間にわかりやすい情報へ加工することと、各機器の測定結果のズレを修正するためです。車両に搭載する都合上、モービルマッピングシステムは車両が侵入できない地域の測定はできません。しかしながら、調査する人員を削減しつつ、車を走行させるだけで正確に現実世界の立体的な情報をデジタル化する画期的な方法と言えます。

一般道路や高速道路を問わずに使用することができるので、広範囲に及ぶ調査を可能としており、運転技術があれば調査が可能なので、調査を担当する者に特別な技術が必要ない点でもコストパフォーマンスに優れています。使用例として身近なものとしては、目的地へ快適に移動するために使用されるカーナビゲーションや位置情報を正確に取得するマップアプリケーションが挙げられます。また、建設時にともなう景観や周辺の建物への影響を想定できるシミュレーション、大規模な災害後の被災状況調査など、今後も欠かすことのできないシステムと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *