モービルマッピングのシステムを利用した効果的な測量

モービルマッピングは自動車に搭載した測定器を利用して実際に走行しながら中継のデータを詳細に測定する測量方法です。

この方法を用いることで、これまでの測量方法では得ることができなかった詳細な地形データを測定することができるほか、自然災害等における影響もリアルタイムに反映させることができるため、地図などに応用できるだけでなく、緊急対策における利用ルートの立案等においても非常に重要な情報を収集することができます。

自動車による測量は古くから行われてきましたが、従来は走行距離を元にした距離の測定や高度計などを利用した海抜の測定などが主流で、地形そのもののデータについてはこれらの測量データと撮影した写真などをもとに推測して作成する方法が主流でした。しかしこれらの方法では推測を元に様々な基本データを作成しているため、場合によっては大幅な誤差を生じる危険性があり、災害時などの情報としては信頼性の低いものも多いため有効に活用できないものが多かったのが実態です。

モービルマッピングのシステムを利用した効果的な測量が確立されたことで、測量データが様々な用途に応用できるほか、高度な情報システムにこの情報を生かすことでこれまで利用できなかった空間情報や位置情報などを詳細に得ることができるようになりました。また最近では、モービルマッピングのシステムのリアルタイム性を利用した交通情報や災害情報などにも利用されており、より高い精度で救援等に重要な情報が得られるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *