ジェット機のパイロットも要らなくなるかもしれない

将来的にはジェット機のパイロットの存在も要らなくなる可能性もあります。

今でこそジェット機のパイロットは花形の仕事で子供にとっては夢の職業ではありますが、これが将来的には不要となる可能性は高いといえるでしょう。何がパイロットの代わりになるのかというと自動運転です。実はジェット機の運転は離着陸以外はほとんど人が操作することはないといってもいい状態です。人がすることは各機器が正常に働いているかのチェックをするだけになっていて、ほとんど人が操作することは無くなってきているのです。空は陸と違ってそんなに障害物などはありませんから、難しい操作は不要なのです。

ですから自動運転向きといってもいいかもしれません。パイロットは緊急事態などに対処することが大きな仕事となっていて、運転技術の習得よりもそうした様々な緊急事態にどう対処するのかが大きな作業になってきているといってもいいでしょう。単純なことは全てCPUが出来るので、難しいことだけをするようになると必然的にそうなっていくわけです。

ただ、こうした難しいこともどんどんとCPUで対処できるようになってきているので、人がしなくても良いことがどんどんと増えています。そして完全に自動化することが出来るようになればパイロットは不要ということになります。どんなに優秀な人でもミスはありますが、CPUが優秀だとミスは限りなく無くしていくことが出来るので、これが人に取って代わる時代がもうすぐやってくると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *