人の命を救うドクターヘリとは

救急専用の医療機器がヘリコプター内に装備され、救急医療の専門医と看護師が搭乗しているドクターヘリは、救急医療が必要となっている現場に医師と看護師をいち早く送り届けることが出来ます。

また時速200Km以上の速さで飛行するため、現場で緊急搬送が必要な患者を早急に医療機関に届けることで、後遺症の軽減にも役立てることが出来ます。緊急医療の現場にとても役立つドクターヘリですが、誰でも簡単に利用できる訳ではなく、119番通報を受けた消防機関が患者の症状を判断して初めて、出動を要請します。また要請が必要だと判断しても、日没後や悪天候のような飛行できない条件がある場合は、出動が出来ませんので、注意してください。

またドクターヘリを利用しても、利用料金というものが発生することはありませんが、搬送時や緊急医療の現場で必要になった医療費に関しては、請求されます。通常、ヘリコプターを飛行させるためには、高額な料金が発生しますが、ドクターヘリに関しては問題ありませんので、緊急時は飛行費用を気にせず搭乗しましょう。

自分では避けられないような事故は別の話しですが、悪天候や自然災害の際には、河川や海には近づかないようにすることで避けられる事故もあります。緊急搬送をすることで患者の命を救える可能性のあるドクターヘリでも、天候という自然の力には立ち向かうと危険ですので、防げる事故は防ぐ、という自己意識も時には大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *