モービルマッピングでは3次元の状況を確認可能

モービルマッピングは自動車に計測機器を搭載し、それによって3次元空間の状況を計測することができるシステムです。

道路を走行しながら計測を行うことができるので、邪魔にならない方法で計測出来て、しかも状況もより精密に測定できる点でも優れています。その精密さに関しては、誤差の問題が生じますが、絶対精度が10cmの範囲内、相対精度が1cm以内という具合で計測を行うことができるのも魅力的です。実際の自動車に搭載する機器は、GPS・全方位カメラ・標準レーザー・長距離レーザー・他に受信機などがあり、建物や障害物の位置や大きさを把握することまでが可能となります。

このモービルマッピングのシステムを利用すると地図・カーナビシステムの作成、他にも地図上でストリートビューまで表示が可能です。実際に従来までの地図では現地へ行くまでに迷うことも多かったですが、そのストリートビューまで見ることで、迷うこともほとんどなくなったのも事実になります。近年は、ドライバーがハンドルを持たずに走行する自動運転の技術が劇的に進化しています。お年寄りのアクセルとブレーキの踏み間違いなどの事故も起きているので、より自動運転の普及は避けられないです。

こうしたモービルマッピングによる測定の技術を応用することによって、より自動運転の技術を進化させることにも貢献することが高いです。モービルマッピングにより道路状況を3次元でデータ化できていると、より自動運転の精度も上がる可能性もあり、その普及によっては事故を減らすまで貢献できるに違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *