測量業務を効率化するモービルマッピング

特定のエリアにおける地形や工作物などの状況を正確に知るには、現地に出かけて行って調査を行う必要があります。

ただ、調査対象が広範囲に及ぶ場合は、すべてを人手に頼っていたのでは大変な手間がかかります。そのような場合には、モービルマッピングと呼ばれるシステムを利用すると効率的な調査活動を行うことができます。モービルマッピングの「モービル」とは、携帯電話の英語名であるmobilephoneのmobileと同じで、「移動性の」という意味です。

つまりモービルマッピングは、調査すべき地点でいちいち立ち止まることなく、移動しながら地形等の測量ができるシステムということになります。通常は車に機器を搭載して走行しながら計測するので、調査可能なエリアは路上及びその周辺に限られます。しかし機器によっては、船舶に搭載したり、人が背負って歩いたりできるものもあります。したがって、何らかの形で移動可能な場所でさえあれば、水の上であろうと険しい山道であろうと利用することができます。

このシステムは対象物との距離を正確に計測できるレーザースキャナやデジタルカメラ、GPSなどから構成されています。これらの機器をセットして場所を移動すると、次々と自動的に座標データや画像データを取得します。それらのデータを加工処理すれば、地形等をコンピュータ上で正確に再現することができます。これを用いて、該当エリアの地図を作製したり、3Dモデリングを行ったりすることができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *