道路情報を知るにはモービルマッピングが便利

道路の状況を把握する、といえば一般的には国や自治体などの行政機関が行うものというイメージがあります。

しかし民間においても、道路やその周辺に関するデータはさまざまな場面で利用されています。たとえば不動産開発を行うに当たっては、その対象エリアにおける道路の整備状況を知ることは非常に大切です。また広告業界においても、路肩のどんな場所に看板を設置すれば宣伝効果が上がるかといったことを調査するためには、道路周辺の情報が役に立ちます。

こうした道路関連情報を効率的に収集することができるのが、モービルマッピングと呼ばれるテクノロジーです。モービルマッピングは、自動車に各種の計測機器を搭載し、道路を走行することで移動しながらデータを得られるというシステムです。路面の状態やカーブの曲がり具合といった道路そのものに関わる情報だけでなく、周辺の工作物や植栽などの状況も知ることができます。モービルマッピングでは、まず360度撮影可能なデジタルカメラで周辺の画像データを集めます。

それと同時に、レーザースキャナと呼ばれる機器で物体との距離や奥行き、高低差などを記録します。これらのデータにGPSで計測した位置データを合わせることで、総合的な道路関連情報が得られます。この情報をもとにして平面図や立面図を作製できるばかりではなく、工作物などを設置した場合の3Dシミュレーションを行ったり、動画の素材に活用したりすることも可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *