モービルマッピングとは何か

モービルマッピングとは、自動車などにカメラ・三次元スキャナー・GPSを搭載して走行することで、道路や路面文字、マンホールや道路周辺の建物・標識・ガードレールなどの三次元位置情報と画像情報を自動的に尚且つ高精度で効率的に取得することができるシステムのことです。

モービルマッピングシステムやMMSとも言われます。現在では多くの企業が開発に乗り出して各社が特徴あるシステムを構築することで、業界内競争が激しくなってる分野でもあります。モービルマッピングは土木建設業界、測量業界、地図業界、自動車業界、インフラ業界など実に様々な分野で多岐にわたって活用されています。

たとえば地形測量、地図製作、道路整備・道路管理などの用途のほか、地下埋設物管理、道路線形情報取得、車両運動シミュレーション、さらには航空レーザーデータとの融合など、その可能性は今後さらに広がっていくものと注目を浴びて期待されている最新技術のひとつです。モービルマッピングを活用することで、たとえば「交通規制を行わずに道路上の計測がしたい」「広範囲に及ぶ計測を短期間で実施したい」といった道路維持管理業務の効率化や高度化を実現することもできるようになります。

また、コストパフォーマンスにも優れ、誤差を最小化することもできるため、社会インフラ整備のコストを下げることにもつながります。今後の社会発展にとってなくてはならない存在になっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *