モービルマッピングとは

モービルマッピングとは、自動車などにデジタルカメラや3次元スキャナーなどの機器を搭載し、その自動車に道路を走行させながら道路の様子や周辺の建物などの映像を撮影し、精度の高い情報を得ることを言います。

このような情報を得ることで、ユーザーはインターネット上で目的地やその周辺がどのような環境になっているのかを把握できますし、自宅に居ながらにして世界各国を旅行しているかのような気分にもなれます。

大手電機メーカーでは航空宇宙分野で培った技術を発揮し、全方向を一度に撮影できるカメラや過酷な環境でもその能力を遺憾なく発揮できるような着脱可能なカメラなど、自社の強みを活かした開発も行われています。モービルマッピングを行うことで様々なメリットを享受できます。

上述のような目的地の把握や世界旅行だけでなく、災害時に土砂崩れや地震などで立ち入ることのできないエリアがどのような地形になっているのかなどを捉えることができ、人命救助にも役立つのです。自動車のみならず小型船舶にもカメラやスキャナーを搭載することができますので、海上やその周辺の様子の撮影も可能です。モービルマッピングの開発はまだまだ続けられており、従来のような撮影後に位置データを処理するというものではなく走行して撮影しながらリアルタイムで情報を処理できるモデルの開発も行われています。リアルタイムで処理ができれば、より効率的にデータを収集できますし何よりすぐに結果を確認することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *