ドクターヘリは電話してもやってこない

某テレビドラマの影響もあり、ドクターヘリに憧れる方も多いでしょう。

何らかの事故や病気により救急車を呼ぶ時に、ドクターヘリが来てくれれば良いのにと苦しみながら思ったこともあるのではないでしょうか。でも個人の電話でおいそれとやって来てくれるような存在ではありません。彼らは、119番通報を受けた消防機関の判断により選ばれます。それは、僻地にいて病院までの距離が長すぎるにも関わらず大きな怪我や病気に苦しんでいるという場合もあるでしょう。

道路交通法を無視して逆走・信号無視何でもありcの走行をしている救急車でも間に合わないぐらい緊急性のある状態となっていると判断されれば、街中であってもドクターヘリが要請されることはあります。その名の通りドクターヘリはドクター・つまり医者が乗っている乗り物です。空の上を飛んでくるがゆえの時間短縮も期待出来るのですが、それ以上にドクターがいるからこそ現場に到着したらすぐに医療行為が出来てというすばやさがあるのです。

憧れの存在、でもそんなドクターヘリがやってくるというと一分一秒も争うような緊急事態に陥っているということです。自身であろうと身内にだってそのような状況は出来れば一生来てはもらいたくないもの、それにやってきたところで憧れの存在をうっとりと見つめているような暇はなく意識もなくなっているようなことがほとんどです。一人でも多くの命を救う為に、彼らは日々飛び回っているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *