ドクターヘリのメリット

近年ドクターヘリをテーマにしたドラマや映画が人気です。

ちなみにドクターヘリについて簡単に説明をすると救急車のヘリコプター版とも言えるモノで、救急専用の医療機器を搭載し医師や看護師が怪我人や病人がいる現場に直行します。病院に運搬する間にも治療を行うことが出来ますが、ヘリに乗る為にはフライトドクター、もしくはフライトナースの資格が必要です。ちなみにヘリで出動するのはドクター2人とナース1人と言うのが基本で、ドクターヘリ専属という訳ではなく当番制で普段は普通に病院での勤務をしています。

そんなドクターヘリの最大の魅力は現場に到着するまでのスピードにあると言えます。特に外傷において威力を発揮して、交通事故などの現場では早く治療を開始すればその分、死亡率は低くなるのが魅力です。また救急車と異なり、道路の混雑状況に左右されずにほぼ最短コースで空から現場に向かうことが可能と言えます。

ただヘリが降り立つスペースが必要なのと、あと天候によってはヘリを飛ばすことが出来ない状況もあります。ちなみに日本で最初にヘリが病院に導入されたのは今から10年程前です。ただ救急医療における普及率はまだ高くないのが現状で、維持費もかかりますし、フライトドクターも日本ではまだまだ少ないと言えるでしょう。ですが今後は徐々に増えてくることが予想出来ますし、救急医療の現場においてはなくてはならない存在になると言えるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *