Skip to content

栄養を補助するサプリメントの

最近では健康ブームになり、栄養に気をかけ、しっかりとした食事を摂る傾向にあります。しかし、昔に比べて土壌はやせ細り、昔よりも野菜に含まれる栄養は少なくなったと言われています。そこで健康になることを目的に様々なサプリメントが登場するようになりました。良い所は、欲しい栄養素を気軽に摂取できることと、同時に摂取した方が良い栄養素を手軽に摂取できることです。

例えば妊娠中や授乳中の女性は葉酸を摂取することを推奨されていますが、食事からは摂取しずらいために、サプリメントから摂取することを厚生労働省も推奨しています。他にも血管を丈夫にしたり骨を強くすることで有名なカルシウムですが、これはビタミンDやマグネシウムと一緒に摂ると良いとされています。そこでカルシウムとビタミンDや、カルシウムとマグネシウムが一緒になったサプリメントを摂取することでより効果的に働きかけることが出来ます。肌荒れや肌の状態が気になる人はビタミンC、貧血の症状がある人は鉄分、心筋梗塞や動脈硬化が不安ならEPAやDHAを摂取するなど、個人に合わせた取り入れ方が出来ます。

1日30品目とは言いますが、そんなに多くの食材を食べることは実際には難しいです。そこで足りない分をサプリメントから摂取し、効率良体に摂り入れることが目標です。しかし栄養は本来は食事から摂ることが生物としての基本です。そのためサプリメントはあくまでも栄養の補助であることを忘れない様にしましょう。

上手に使い、日々の生活をより充実した健康なものになれば、最高だと言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です