Skip to content

アラのもつ特徴と食べ物

近年の研究で、アラは健康に関して重要な成分であることがより明確となり、そのため健康食品などのために成分が抽出されサプリメントとして販売されるようになりました。アラは細胞エネルギー工場と呼ばれるミトコンドリアでできており、体内に吸収されると体内の成分と結合し、細胞活性化のための土台となります。細胞の若返りや入れ替えの促進によって、活力の向上やアンチエイジング効果、そしてターンオーバーなどの効果を細胞の基礎から得ることができ、体調が崩れにくい健康的な身体をつくることができます。アラは、年齢とともに体内に蓄積される量が減っていきます。

17歳がピークとされており、あとは年齢とともに低下していく一方となります。また、日常生活のストレスもアラの量に大きく影響しており、社会人の成分の保有率はさらに低下しており、基礎代謝の低下によって太りやすい身体となってしまったり肌が荒れやすくなる、疲れやすくなるといった影響が出てきます。また、アラは重要な成分でありながら摂取するのが難しいとされています。一般的な食物では、ほうれん草、かいわれ大根、ピーマンなどの緑黄色野菜に加えて、酢や赤ワインなどの発酵食品に比較的多く入っています。

一方で、摂取できる量は限られており、理想的な量である2mgを摂取するには、ニンジンであれば約40本など非常に多くの野菜などを食べる必要があります。そのため現在では成分を凝縮させたサプリメントが開発されており、1日の理想的な量を効率良く摂取できるようになりました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です